Top > 生活 > 債務整理をサポートします

債務整理をサポートします

月刊誌のチラシ、スポーツ新聞紙、街角に張り付けられた宣伝チラシや郵便広告で、「負債の整頓やります」「債務を一括化したくありませんか」などの広告を読むことがありませんか。

これらは、「整頓人」「買取専門屋」「つなぎ屋」と呼ばれている業者の広告のケースもあるのです。

こういったものを依頼した場合には自己破産申し立ての中で最優先の免責許可を手に入れられなくなる危険性があります。

「整理業者」の場合、ダイレクトメールなどで債務者を呼び出し、高い手数料を取り債務整理をしますが、結局のところ債務整頓はなされず、負債人はより一層の負債スパイラルに落ちるときがほぼすべてと考えてください。

「買取専門人」の場合、借金で家電、旅行のチケットなどを多量に買わせて当人から購入した商品を値段の3割や半額で買い上げるという手口を使っています。

負債人はそのときは小金が増えますが、まもなくカード業者経由の購入物の売値の催促が送られて来ることになり、実際は借金額を増やすことになってしまいます。

クレジットカード会社に対しての犯罪とされてしまい免責許諾を手に入れられなくなります。

「紹介者」では、大口の金融業者から断られるようになった負債者に対し、直接的な融資は一切せずに、貸出を可能である別な貸し手を教えて、高い紹介料を取っている業種です。

つなぎ屋は自らのつなぎで融通できたかのように解説しますが本当は何もしておらず選考の甘めの会社を分かっているだけなのです。

この場合も負債額を増加させることになります。
借金を減らす方法

生活

関連エントリー
よく考えて国際結婚手続きの準備東京入国管理局の場所東京入国管理局の出張所車買取の基本 オンライン中古車査定医療機関 病院・クリニックどこがいい?プロのエアコンクリーニングを是非利用しよう在留資格認定証明書のプロ事業協同組合設立の狼煙をあげるNPO法人設立は、準備万端で。中古車ご購入は中古車オークション代行のカーズゴーゴー債務整理その後貸しはがし、貸し渋り債務整理をサポートします
カテゴリー
更新履歴
携帯代の未払いはキャッシングを利用できない原因になる(2014年6月26日)
自己流のオールバックです(2014年4月29日)
フラッシュモブのアイデア(2014年4月29日)
オススメのプロポーズ方法(2014年4月20日)
花粉症でメイクに悩む。(2014年4月12日)