Top > 生活 > 債務整理その後

債務整理その後

新聞の折込チラシ、ゴシップ紙、電信柱にある宣伝や郵便広告で、「借金の整理整頓いたします」「多重負債を統合したくないですか」という売り言葉を目にすることがしばしばです。

こういうのは、「整理人」「買取専門人」「紹介人」と呼ばれる業者の嘘広告の場合があるということです。

そのようなものを使用したケースでは破産申請の流れの中で免責認定を受け取れないリスクがあります。

「片付け屋」は、宣伝などで債務者を呼び出し、法外な依頼料をもらって整頓を行うのですが負債整理は行われないで、債務者は一層の借金地獄に陥るケースがほとんどになります。

「買取専門人」の場合は負債者のローンで電気製品、コンサートのチケットなどを買い入れさせて債務者から購入した品目を買った値段の1割ー半分で購入するという手段が主です。

当人はお金がもらえますが、そのうちクレジット業者から購入品の販売額の支払い要求がきて、現実には借金を上乗せする結末で終わります。

このときはクレジット会社への詐欺に当たるとされて免責をもらえません。

「つなぎ業者」の場合は、大企業の金融業者から貸してもらえなくなった負債者に業者として提供は全くせずに、貸出を可能な業者を教え、法外な依頼料を取っている業者です。

紹介人は専門的な苦労で融通してもらったというふうにしゃべりますが、現実は何もしないまま、シンプルに審査のゆるいサービスを伝えているということなのです。

結局のところ負債を拡大させることとなります。
借金 ストレス 

生活

関連エントリー
よく考えて国際結婚手続きの準備東京入国管理局の場所東京入国管理局の出張所車買取の基本 オンライン中古車査定医療機関 病院・クリニックどこがいい?プロのエアコンクリーニングを是非利用しよう在留資格認定証明書のプロ事業協同組合設立の狼煙をあげるNPO法人設立は、準備万端で。中古車ご購入は中古車オークション代行のカーズゴーゴー債務整理その後貸しはがし、貸し渋り債務整理をサポートします
カテゴリー
更新履歴
携帯代の未払いはキャッシングを利用できない原因になる(2014年6月26日)
自己流のオールバックです(2014年4月29日)
フラッシュモブのアイデア(2014年4月29日)
オススメのプロポーズ方法(2014年4月20日)
花粉症でメイクに悩む。(2014年4月12日)