Top > 恋愛 > いよいよ国際結婚の日

いよいよ国際結婚の日

国際結婚手続きを教えてくれる行政書士さんをようやく探し出しました。

生涯の伴侶をみつける事ができ、いざ結婚となった時に婚姻届を役所に提出する事になります。
相手が日本人の場合にはそれほど問題ではありませんが、もし相手が外国人の場合には、
どうすればいいのかという点について知っている人が。意外と少ないです。

そこで登場するのが、国際結婚手続き専門の行政書士さんです。

ここではそんな国際結婚手続きについて説明します。まず、婚姻届と戸籍抄本が必要な点は、
通常の日本人同士の結婚となんら違いはありません。違う点は2点ありますが、そのうち一つ目が
パスポートです。どこの国の人かを証明する必要があるからです。
もう一つは、婚姻要件具備証明書と呼ばれるものです。この書類は、母国で結婚しておらず、
独身であることを証明する為のものです。

ただし、婚姻要件具備証明書は、単純に、独身であることだけを証明するものではありません。

これは、母国側の役所で発行してもらい、日本語訳を付けて日本の役所に提出する必要があります。
以上、2点が国際結婚手続き特有の書類となります。

このあとは、配偶者ビザの申請になりますが、国際結婚手続きについても相談できると尚良いです。

恋愛

関連エントリー
いよいよ国際結婚の日
カテゴリー
更新履歴
携帯代の未払いはキャッシングを利用できない原因になる(2014年6月26日)
自己流のオールバックです(2014年4月29日)
フラッシュモブのアイデア(2014年4月29日)
オススメのプロポーズ方法(2014年4月20日)
花粉症でメイクに悩む。(2014年4月12日)